PC自作

inwin B1(CS-B1BLK-PS200W)で作る自作PC~組み立て編~

今回は前回のパーツ紹介編の続き、
inwin B1(CS-B1BLK-PS200W)で作る自作PC~組み立て編~
です。

前回の記事↓

inwin B1(CS-B1BLK-PS200W)で作る自作PC~パーツ紹介編~

 

パーツの紹介

パーツの紹介編で載せましたが今回使用したパーツです。

PCケース inwin B1(CS-B1BLK-PS200W) 11,573円
CPU AMD Ryzen3 3200G 13,109円
マザーボード ROG STRIX B450-I GAMING 17,664円
メモリー CORSAIR CMW16GX4M2A2666C16W 10,909円
グラフィックボード なし 0円
電源 200W GOLD(ケース付属) 0円
CPUクーラー CPU付属 0円
ケースファン ケース付属 0円
SSD ADATA 120GB(OS DSP版に付属) 0円
OS Windows10 DSP版(SSD付き) 12,883円
合計 66,138円

 

マザーボードにパーツの取り付け

さて、いよいよ組み立てに入っていきます。

まずはマザーボードにCPU等を取り付けます。

最初はCPUから。

レバーを上にあげて

Ryzen 3200Gを置きます。

CPU置く時は緊張しますね。

そしてレバーを下げて

取り付け完了です。

次にCPUクーラー。

CPUに付属のものを使います。

inwin B1はスペースはあまり無いですが、このクーラーは入ります。

高さ6cmまで入るらしい。

最初からついているグリスは評判悪いですね。

ティッシュでふき取りました。

そしてこの通称「熊グリス」を塗っていきます。

実は前の残り。

CPU上に垂らして

ヘラで塗り広げます。

塗り終わったらCPUクーラーを乗っけて

四隅をネジ止めします。

ちょっと固かったです。

Intelみたいに簡単だといいのに。ここはマイナス点ですね。

CPUクーラーのコネクタを差します。

次にメモリを差します。

切り込みを合わせて

カチッというまで差します。

差して横のレバーが戻ればOK。

取り付け完了です。

これが光るのが楽しみ。

マザーボード取り付け・配線

次にinwin B1にマザーボードを取り付けます。

バックパネルを付けて

マザーボードを置いて、ケースに付属のネジで四隅を止めます。

次に配線をしていきます。

まずはメイン電源。

次にCPU電源。

差さりました。

次にSATAケーブルです。

2本あって、裏側のSSDの設置スペースと繋がっています。

2本とも入りました。

次はフロントのUSBを差します。

フロントのスイッチ等のコネクタを差します。

これってわかりづらいですよね。

でも、ケースとマザーボードの説明書をよく見てクリア。

そして、オーディオコネクタ。

狭いしケーブルがちょっと短かったんだよね。

これも説明書を見てクリア。

最後にケースファンの配線をして、配線は終わりです。

SSDの取り付け

次にSSDを設置します。

裏返してパネルを外します。

最初から端子が付いているのでここに差していきます。

SSDを裏返して

inwin B1に付属のネジを裏に4つ取り付けます。

そしてスライドさせて設置します。

設置完了!

完成!電源ON

内部の組み立てが完了しました!

スイッチョン。

付かない…

電源が入ってないという初歩的ミスをしました…

電源を入れてみるとマザーボードが光りました。

再びスイッチョン。

ファンが回ってメモリも光りました。成功です!

ちゃんと立ち上がって各パーツも認識されています。

そしてwindows10のインストール。

DVDを使わずに、あらかじめUSBメモリにダウンロードしておいたものを使います。

インストールは省略。

無事に終わってデスクトップを表示することができました。

ついに完成です!

メモリもちゃんと虹色に変化します。

inwin B1に組んでみての感想

今回、inwin B1のケースを使ってみたんですが、事前情報なしでやったのでなかなか面白かったです。

気になったところはこれです。

・オーディオのケーブル短い

使うマザボによるかもしれませんが、オーディオケーブルがちょっと短かった。

せっかく光るメモリなのにケーブルがかかってしまいました。

あと2cm長ければよかったのに。延長ケーブルって無いんですかね。

・電源ケーブル余りまくり

今回は電源ケーブルが余りまくってしまいました。

メイン電源コネクタが近くだったので…

無理やりメモリの横に収めました。

・縦置きはちょっと怖い

縦置きは台座に乗っけるだけなのでちょっと怖い

 

不満点はこんな感じです。

不満を並べましたがこのケースは総合的にはいいケースですよ。

デザインも面白いし、電源・ファンが内蔵で1万円ちょっとは安い。

組み立ては、意外とやりやすく、写真を撮りながらでも2時間くらいでできました。

グラボとかは載りませんが、拡張性・ハイスペックを求めない、自作を楽しみたい、という人は買いだと思います。

 

パーツのおさらい

PCケース inwin B1(CS-B1BLK-PS200W) 11,573円
CPU AMD Ryzen3 3200G 13,109円
マザーボード ROG STRIX B450-I GAMING 17,664円
メモリー CORSAIR CMW16GX4M2A2666C16W 10,909円
グラフィックボード なし 0円
電源 200W GOLD(ケース付属) 0円
CPUクーラー CPU付属 0円
ケースファン ケース付属 0円
SSD ADATA 120GB(OS DSP版に付属) 0円
OS Windows10 DSP版(SSD付き) 12,883円
合計 66,138円

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください