PC自作

【RAIJINTEK METIS PLUS】予算10万円ゲーミング自作PCのパーツ構成【Core i5 9400F】

こんにちはこんばんは。

今回はPC自作の巻のその1、
パーツ紹介編です。

3年使ったノートPC(Dynabook)が壊れたので、新しくマウスコンピューターのPCを買ったんですが、自作PCを作りたくなったので作っちゃいました。

マウスコンピューターのやつも別に不具合とか無かったんですけどね。

というわけで、予算10万円のゲームもできるPCを目標にパーツを選んで作ってみました。

 

組み立て編はこちら

【RAIJINTEK METIS PLUS】予算10万円ゲーミング自作PCの組み立て編【Core i5 9400F】こんばんは。 今回は、RAIJINTEK METIS PLUSと予算10万円ゲーミング自作PCの組み立て編です。 パーツ紹介...

予算10万円ゲーミング自作PCのパーツ構成

パーツ構成はというと…

CPU Core i5 9400F 17,600円
マザーボード Asrock B365M-ITX/ac 12,772円
ケース RAIJINTEK METIS PLUS 5,237円
SSD SSD M.2 2280 WD Blue SN500 NVMe 500GB 7,480円
グラフィックボード MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC 30,889円
電源 剛短4 プラグイン SPGT4-500P 6,175円
メモリ A-DATA 4U266638G19-DPC4-21300 8GB×2枚 7,051円
OS Windows 10 Home 64bit 15,636円
合計 104,340円

値段は購入時のAmazon価格です。

10万円をちょっと超えちゃったけどまあいいでしょう。

ケースはRAIJINTEKのMETIS PLUS

ケースはRAIJINTEKのMETIS PLUSです。

ひそかに人気のコンパクトなケースで、ヘアライン仕上げがちょっとおしゃれです。

色も黒・赤・青・緑などいろいろあります。

PCケースは白か黒が多いのでうれしいですね

今回はこのケースありきで構成を決めました。

色はシルバーです。

これが斜め前から見た図。

コンパクトなので、狭いデスクの上で作業ができちゃいます。

上から見たところ。

USBが2つとマイク・ヘッドホン。

必要十分です。

正面は電源ボタンとロゴマーク。

ロゴマークはないほうがいいかな。

左側面

右側面は透明な窓になっています。

後ろから。

説明書が破れてるのはご愛嬌。

説明書は日本語も書かれてますが、ほとんどが図解です。

主にストレージの取り付けかたが書いてありますが、このケースのすべての機能を網羅しているわけではないので、もうちょっと詳しく書いてくれたらよかったな、と思います。

これがフロントパネル用の配線。

USB・オーディオ・電源など。

後ろ側に元からケースファンがついていて、スイッチ付きです。

これは白く光るらしいです。

らしいというのは、このファンを使わなかったから。

これは下側。

電源用の穴があります。

ゴムの足がついていて黒いネジみたいのはストレージ取り付け用です。

2.5インチ2個か3.5インチを取り付けられます。

電源ケーブル。

このケースは電源の付けかたが面白くて、前側に電源本体を取り付けてこの電源ケーブルを接続し、

中で後ろ側のこの端子につながっているので、ここに電車付属のコードをつなぎます。

 

 

上側を下から。

黒い金具はストレージ取り付け用。

隣はメッシュになっています。

こちらが付属品。

結束バンドと4種類くらいのネジが一緒に入ってます。

左側面のパネルを外したところ

CPUはcore i5 9400F

今回使ったCPUはcore i5 9400Fです。

グラボが無いと動作しないCPUですが、今回はグラボを積むのでこれにしました。

ほかのcore i5より安いですしね。

CPU本体

説明書とリテールクーラー。

クーラーはダンボールに包まれてます。

 

CPUクーラーには最初からグリスが付いています。

間違って触るとこうなります。

CPU出したところ

裏面のピン

マザーボードはB365M-ITX/ac

今回使用したマザーボードはB365M-ITX/acです。

このマザボにしたのはまずケースがMINI-ITXにしか対応していなかったから。

今回はケースありきで制作したので…。

MINI-ITXの中で比較的安価なこれにしました。

最低限の機能はついてるし、無線LANも内蔵しているので。

こちらは付属品。

説明書・付属ソフトのディスク・SATAケーブル・パネル・無線LANアンテナ。

仕様は

  • DDR4 2666 メモリ×2
  • 1 PCIe 3.0 x16
  • グラフィックス出力オプション: HDMI, DVI-I, DisplayPort
  • 7.1 チャンネル HD オーディオ (Realtek ALC887 オーディオコーデック), ELNA 製オーディオコンデンサ
  • 4 SATA3, 1 ウルトラ M.2 (PCIe Gen3 x4 & SATA3)
  • 6 USB 3.1 Gen1 (前面に 2 個、背面に 4 個)
  • Intel® ギガビット LAN
  • Intel® 802.11ac WiFi + Bluetooth 4.2

MINI-ITXだけど必要十分な機能です。

グラボはMSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC

グラボはGEFORCE GTX1660Tiにしました。

ゲームをやるつもりなので。

長さが短いというのがいいです。

今回選んだケースは使用では長さ170mmまでとなっています。

でもこれはATX電源を使用した場合で、実際はSFX電源などの小さい電源を使うと230mmぐらいまでなら入ります。

電源は剛短4プラグイン500W

電源は剛短4プラグイン500Wを選びました。

今回のケースMETIS PLUSではATX電源搭載可能ですが、スペースがないので小さい電源のほうがいいです。

さらに今回はすっきりさせるために、必要なコードだけ付けられるプラグインタイプを選びました。

メイン電源とCPU用は直付け

6本まで付けられます。

ケーブルは各2本

メモリはADATA DDR4 2666 PC4-21300 8GB×2

今どきは16GBは無いとだめっしょ。

というわけで比較的安いものをチョイス。

ケースファンは彩風(ブルー)

内部をブルーに光らせたいという個人的な好みでこのファンを購入。

後部と上部に取り付けるので2こ購入です。

最初の合計金額には入ってません。

M.2 SSD はWestern Digital WD Blue 500GB NVMe WDS500G1B0C-EC

やっぱ今はM.2だよね。

というわけで安かったこちらを選択。

グリスは熊グリス

おまけにグリスは通称・熊グリスを購入。

効果のほどはわからないですが、オーバークロッカーも推薦らしいです。

 

というわけで今回製作する予算10万円ゲーミング自作PCのパーツを紹介してきました。

改めてパーツリストを。

CPU Core i5 9400F 17,600円
マザーボード Asrock B365M-ITX/ac 12,772円
ケース RAIJINTEK METIS PLUS 5,237円
SSD SSD M.2 2280 WD Blue SN500 NVMe 500GB 7,480円
グラフィックボード MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC 30,889円
電源 剛短4 プラグイン SPGT4-500P 6,175円
メモリ A-DATA 4U266638G19-DPC4-21300 8GB×2枚 7,051円
OS Windows 10 Home 64bit 15,636円
合計 104,340円

次からは組み立てていきたいと思います。

 

組み立て編はこちら

【RAIJINTEK METIS PLUS】予算10万円ゲーミング自作PCの組み立て編【Core i5 9400F】こんばんは。 今回は、RAIJINTEK METIS PLUSと予算10万円ゲーミング自作PCの組み立て編です。 パーツ紹介...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください