PC自作

【RAIJINTEK METIS PLUS】予算10万円ゲーミング自作PCの実力・ベンチマーク【Core i5 9400F】

RAIJINTEK METIS PLUSとCore i5 9400Fを使った予算10万円ゲーミング自作PCを作成して半年ほど経ちました。

そういえばその実力をチェックしてなかったので、ベンチマーク等したいと思います。

PCのスペックは?

スペックとしては

CPU:Core i5 9400F 6コア6スレッド 2.9GHz

グラボ:MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC

メモリ:16GB

です。

これでどこまでいけるのか?

 

Cinebench(シネベンチ)をやってみた

まずは
Cinebench(シネベンチ)です。

CinebenchはPCのCPUに負荷をかけて1枚の絵を描画していくソフトです。

もちろんスムーズに描けるほうが性能がいいということです。

1枚を描画し終わったら数字でスコアがでて、それが大きいほうがいいわけです。

で、やってみました。

スコアは2296

あんまり良くはないですね。

2世代前のCore i7と同じくらいで、Ryzen7の1700より低い。

もう少しいくと思いましたが…。

 

Core Tempでの温度は?

Cinebenchで計測していた間のCPU温度を、温度計測ソフトのCoreTempで測ってみました。

画像を撮るのが難しかったので画像無しですが…。

室温20℃くらいで、アイドル時35℃くらいです。

そして、Cinebenchで計測時の最高温度は70℃くらいでした。

70℃ならまあ許容範囲かな?

でも夏のことを考えると、リテールクーラーからもっと良いCPUクーラーに交換を考えたほうが良いかもしれませんね。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークの結果は?

さて、気になるのはゲームがどこまでできるか、です。

一応ゲーミングPCを銘打って作ったわけですからね。

そこで、比較的重いと言われる

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

をやってみました!

結果は「高品質」設定で「快適」!

なかなか良いのではないでしょうか。

ベンチマークは、車での移動・チョコボでの移動・釣り・複数人での戦闘などのシーンがあるのですが、見ていてもあまり違和感無い動きでした。

たまにほんの一瞬カクつく時もありましたが、ゲームには全然支障ないレベルです。

 

ドラクエ10ベンチは余裕でした。

まとめ

最終的には割とよかったのではないでしょうか。

新しいゲームもできるという結果になりました。

CPUよりグラボが頑張ってくれた感じはありますが…。

 

でも夏に向けてCPUクーラーを交換しないといけませんね~

「白虎 弐」あたりを考えています。

予算10万円ゲーミング自作PCシリーズ一覧人気のPCケース・RAIJINTEK METIS PLUSとCore i5 9400Fを使用した予算10万円のゲーミング自作PCシリーズ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください